【完全版】淡路島のコテージまとめ!お好みの施設が見つかります。

淡路島のコテージをまとめて紹介したサイトはあるけれど、どれを選んだらいいか悩んでいませんか?

ここでは淡路島のコテージを3つの目的別にわけて紹介しますので比較の手間がはぶけます!

また料金や空室確認ページへのリンクも記載してるので気になるコテージが見つかったらぜひご利用ください。

下の3つがこの記事のタイプわけです。

3つのタイプ こんな人におすすめ!
宿泊人数にこだわる 10人以上の大人数で泊まれるコテージを探している方はこちら
アクティビティにこだわる コテージやその周辺でやりたい事が明確な方はこちら
アクセス方法にこだわる 車ではなく電車とバスで淡路島へ行きたい方はこちら

コテージ選びをする中であなたが一番こだわっているタイプをクリックするとおすすめのコテージを紹介しているヶ所へ移動します。ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

大人数で泊まれる淡路島のコテージ

淡路島には10ヶ所以上のコテージがあり、それぞれのコテージの定員は4名〜30名と違います。

ここでは10名以上が一度に泊まれるコテージをご紹介します。

ホテリエハウス イン フナセ “輪達”

瀬戸内海(淡路島の西側)にめんした丘の上にあるコテージ。淡路島の西側はキレイな夕日を見れるのが特徴です。

コテージの定員は最大12名まで。1棟しかコテージがないので12名以上の同時宿泊はできません。

周辺には海水浴場や温泉、公園のほか、車で10〜15分の距離にスーパーやコンビニがありますので買い物には困りません。

基本料金:10,000円〜、1人毎料金:1,000円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
定員 12名
食事タイプ 食事なし(自炊)、バーベキュー可
有料オプション お鍋セット、任天堂Wii
アクセス 北淡インターチェンジから車で30分
周辺施設 船瀬海水浴場、新都志海水浴場、五色浜海水浴場、ウェルネスパーク五色(温泉)、アスパ五色
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

ラ・テラス淡路/La Terrasse Awaji

淡路島北部の大阪湾(淡路島の東側)にめんしたコテージ。定員は8名ですが最大12名までベッドの用意ができるとのこと。

施設内にはコテージ以外の宿泊設備(定員17名)がありますので、全て貸しきれば合計29名まで一度に宿泊することができます。

車で10分以内の距離にコンビニとスーパーがあるので食材の買い出しにも便利です。

基本料金:25,000円(2名まで)〜、1名追加毎料金:6,000円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金(3名から)
定員 8名(最大12名)
食事タイプ 食事なし(自炊)、バーベキュー可
有料オプション 暖炉、野外風呂、BBQセット
アクセス 東浦インターチェンジから車で13分
周辺施設 千年一酒造、東浦サンパーク(温泉あり)、明石海峡公園
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

淡路カントリーガーデン

淡路島の北部にあるコテージ。定員は12名までですが、複数のコテージがあるので2棟、3棟と予約すれば12名以上の大人数でも一度に宿泊が可能です。

施設内には動物と触れ合える施設があるほか、グラウンドの手配代行も行っているので合宿利用にも最適です。

1名料金:7,000円〜

料金タイプ 1名あたり料金
定員 定員12名 ※コテージにより異なる
食事タイプ 素泊まり、1泊2食付き
設備 ドライヤー、エアコン、シャワーとトイレはコテージにより異なる
有料オプション グラウンド手配代行
アクセス 淡路インターチェンジから車で10分
周辺施設 淡路花さじき、県立淡路島公園、国営明石海峡公園
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

パームハウス/PALM HOUSE

淡路島のほぼ真ん中にあるコテージ。他のコテージと比べ一回りも二回りも大きなコテージは、なんと最大30名まで泊まることが出来ます。

車で10分ほどの距離にスーパーとコンビニがあるので買い出しにも困りません。

基本料金:[1階のみ]10,800円〜、[1階と2階]16,200円〜、1名毎料金:2,700円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
ペット1匹:1,620円〜
定員 1階のみ10名、1階と2階は20名
食事タイプ 食事なし(自炊)、バーベキュー可
有料オプション 暖炉、BBQセット
アクセス 津名一宮インターチェンジから車で15分
周辺施設 ウェルネスパーク五色、新都志海水浴場、淡路島ブルーベリー園、プレーパークマンモス
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

アクティビティから選ぶ淡路島のコテージ

海が目の前にあるコテージ

First Class Backpackers Inn(FBI)

淡路島中部の瀬戸内海側(淡路島の西側)の船瀬海水浴場にあるコテージ。コテージのほかにキャンプができたり、カフェ&バーがあったりと海辺でのんびり過ごすには最高の施設です。

コンビニやスーパーまでは車で10分弱と買い出しに行くこともできます。

基本料金:28,000円〜、1人毎料金:1,200円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
定員 6名
食事タイプ 食事なし(自炊)、バーベキュー可
有料オプション BBQセット
アクセス 北淡インターチェンジから車で30分
周辺施設 ウェルネスパーク五色、アスパ五色
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

公園があるコテージ

ウェルネスパーク五色サンセットログハウス

大きな緑の芝生広場と小規模のアスレチック設備があるウェルネスパーク五色のわんぱく広場。この隣にコテージはあります。

広場のほかに「ゆ~ゆ~ファイブ」という温泉施設やレストランも併設されています。

コンビニやスーパーへは1kmの距離ですので歩いても車でもすぐに買い出しに行くことが出来ます。

基本料金:16,200円〜、1人あたり1,080円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
定員 8名
食事タイプ 食事なし(自炊)、又は施設内レストラン「浜千鳥」、バーベキュー可
有料オプション バーベキューコンロや食材
アクセス 北淡インターチェンジから車で30分
周辺施設 ゆ~ゆ~ファイブとわんぱく広場(共に施設内)、新都志海水浴場、FBI
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

ペットと過ごせるコテージ

パームハウス/PALM HOUSE

基本料金:[1階のみ]10,800円〜、[1階と2階]16,200円〜、1名毎料金:2,700円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
ペット1匹:1,620円〜
定員 1階のみ10名、1階と2階は20名
食事タイプ 食事なし(自炊)、バーベキュー可
有料オプション 暖炉、BBQセット
アクセス 津名一宮インターチェンジから車で15分
周辺施設 ウェルネスパーク五色、新都志海水浴場、淡路島ブルーベリー園、プレーパークマンモス
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

ゆいま~る淡路

基本料金:12,800円〜、1名毎料金:2,160円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
ペット1匹:1,080円〜
定員 6名(コテージにより異なる)
食事タイプ 食事なし(自炊)、バーベキュー可
有料オプション BBQセット
アクセス 北淡インターチェンジから車で15分
周辺施設 パルシェ香りの湯、淡路カントリー倶楽部、尾崎海水浴場、多賀の浜海水浴場、伊弉諾神宮
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

テントを張るのは面倒だけどキャンプ場で休日を過ごしたい! そんな方は下記の記事をご覧ください。
手軽にアウトドア!淡路島のキャンプ場にあるコテージ3ヶ所をご紹介

コテージに泊まってバーベキューを楽しみたい!そんな方は下記の記事をご覧ください。
プライベートBBQ!淡路島のコテージでバーベキューができる施設8ヵ所

公共交通機関だけで行ける淡路島のコテージ

車以外で淡路島へ行く場合、島の中の移動手段はバスまたはタクシーになります。バスは運行本数が少ないためタクシーの利用が一番便利なのですが、その分交通費が高くなります。

ここではタクシーを使わずに行ける淡路島のコテージをご紹介します。

ウェルネスパーク五色サンセットログハウス

神戸(三ノ宮)から高速バスに乗り1時間20分(1,650円)でウェルネスパーク五色の最寄りバス停「五色バスセンター」へ着きます。

ウェルネスパーク五色の駐車場の中に「五色バスセンター」はあるのでとても便利です。

また歩いて1km(15分)ほどの距離にコンビニとスーパーがあるので、買い出しに行くこともできます。

基本料金:16,200円〜、1人あたり1,080円〜

料金タイプ 基本料金+人数分の料金
定員 8名
食事タイプ 食事なし(自炊)、又は施設内レストラン「浜千鳥」、バーベキュー可
有料オプション バーベキューコンロや食材
アクセス 北淡インターチェンジから車で30分
周辺施設 ゆ~ゆ~ファイブとわんぱく広場(共に施設内)、新都志海水浴場、FBI
空室確認/料金確認 この施設の空室と料金を確認

車以外で淡路島へ行く場合、他のコテージへも高速バスとタクシーを組み合わせればアクセスできます。気になるコテージがあれば最寄りの高速バス停からコテージまでのタクシー料金をタクシー会社に直接聞いてみるのも良いと思います。

タクシー代金が2,000円だとしても4人で乗れば500円ですし、そんなに負担にならないと思います。

洲本観光タクシー 0120-01-5151 / ホームページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする